ナースバンクサイトは日本看護協会が運営するサイトとなります。
そのため、ナースバンクの事業所に勤める職員は元看護師の人が大半を占めるので、民間の人材紹介企業より安心して利用できます。
なぜなら、民間の人材紹介企業に日本看護協会が関わっていないので、ナースバンクサイトより看護師への転職に向いていないからです。
また、ナースバンクは公的な医療施設となるので、日本看護協会に入会してなくても無料で利用できます。

元看護師の人が大半を占めるナースバンクは経験者でもあるので、相談しながら転職の方向性を定めることが可能です。
けれども、看護師としての価値観を強く持つので、転職や求人に関する相談を施しても理解してもらえないこともあります。
そのため、ナースバンクサイトは利用しやすくても利用者への配慮が欠けている転職機関として扱われやすいです。
なので、ナースバンクサイトを初めて利用する人だと、相手にしてもらえずに看護師への道が閉ざされる可能性もあります。
また、ナースバンクサイトは無料で利用できる上に個人情報を登録するだけで、簡単に利用できます。
しかし、個人情報の際に求職者情報とプロフィールの入力項目が多く存在します。
そのため、実際にナースバンクサイトを利用しようと検討しても、個人情報の入力で諦める人もいます。
また、ナースバンクサイトの個人情報の入力に時間が掛かる他にも、ネット上でのやり取りとなるのでタイムラグが起こります。

求人検索から応募の流れをネットで行えても、ナースバンクサイトは平日のみの対応が基本となります。
なので、休日にゆっくりナースバンクサイトを利用しようと思っても、ナースバンクサイトは対応してないので
利用する時間を確保しにくいです。
そして、タイムラグが起こる影響により、看護師の紹介応募を依頼しても3日間待機する必要があるので、すぐに応募できるわけではありません。
ちなみに、ナースバンクサイトは事業所のように相談を施せますが、タイムラグの影響により、事業所に足を運んだ方が早く済むことがあります。
とはいえ、ネット上で相談することは、事業所に直接足を運ぶ手間を省けるので、時間に余裕がある場合は特に問題なく利用できます。
そのため、ナースバンクサイトを利用するならば、時間に余裕があるので自分のペースで転職活動を行いたい人にお勧めになります。
他にも、看護師に転職するのが初めての人や安心して転職したい人にも、ナースバンクサイトはお勧めの転職機関となります。
また、ナースバンクは職員が元看護師が大半なので、経験者に悩みを相談することも可能です。
他にも、大規模の病院に拘りがない人も、ナースバンクサイトの利用に適しています。
なぜなら、ナースバンクに登録している病院は大規模だけでなく、小規模や中規模の病院も多く存在するからです。
ちなみに、ナースバンクサイトはネット上でのやり取りとなるので、スマホやパソコンの操作が得意であるほど利用しやすくなります。
逆に、ネットの操作が苦手な人であれば、ナースバンクの事業所に直接足を運んでみるのも利用方法に繋がります。
また、ナースバンクサイトの特徴として求人施設の職場環境を詳しく知ることができます。
なので、転職先の職場環境を知ることで自分の思い通りの転職先であるかを確認できます。
けれども、ナースバンクサイトはネットでのやり取りでえるため、タイムラグが存在するので時間に余裕がない人だと利用しにくい傾向が強いです。
さらに、ネットの操作が苦手だと転職時間をネットの操作で割く割合が増します。
よって、ナースバンクサイトを利用する際は、予めナースバンクサイトの特徴を具体的に知ることがポイントとなります。
看護師の求人に特定する場合であれば、ハローワークよりナースバンクサイトを利用することで、転職に自信がなくても安心して利用しやすいです。

参考 ナース人材バンクの評判などを詳しく紹介!

関連記事

    None Found